実際に不動産投資で利益を得るための秘訣とは?

投資物件は短期と長期で明確に分ける

投資物件を購入して利益を得る方法としては、2種類あります。毎月の賃料から管理費や税金などのコストを引いた差額が利益となる毎月の運用益と、収益物件を売却した際に得られた売却益です。短期に収益物件を売買するならば、毎月の運用益よりも売却益をどのくらい確保出来るかについて重点的に考えて投資を行うと良いでしょう。
長期に投資物件を運用するならば、売却価格は購入時の価格よりも相当低くなるので、運用益をどのくらい確保出来るかが重要です。建て替えることをしないのであれば、最終的に売却を行うことになるので、売れなくなる前の段階で売り抜ける必要に迫られます。運用益を確保しつつ、売却出来るギリギリまでしっかりと投資物件を管理して行くことが求められるわけです。

長期運用するなら管理方法に拘りたい

投資物件を長期に渡って運用する際には、管理方法については日頃から考えておく必要があります。分譲賃貸マンションの区分所有ならば、管理会社の変更は出来ませんが、マンションやアパートの1棟買いであれば管理会社の変更は自由に出来るわけです。
収益物件として購入した後で、いかに空室率を低くするか気にすることも重要ですが、賃貸物件として運用する際には更新回数が重要となります。礼金を多く取って入居者を入れ替える運用方法では、不動産屋に支払う広告料の高騰に伴い運用益が目減りします。入居者の中で更新をせずに出てしまう世帯が多ければ、管理会社の変更を考えることが必要となるでしょう。入居者の多くが不満を持っている場合には、次の入居先について常に探している状態となってしまうので、早めに管理会社を変更して賃貸契約更新をしてもらえる環境作りが投資物件を長期運用する際には重要となります。